なぜ【ミラクルデンチャー】を治療に取り入れたのか


私は、ここ20年インプラントの治療を行ってきました。

今でも歯を失くした方々への治療計画の第一選択はインプラントというのは変わりません。

しかし、インプラントの費用が高額なのが患者様にとっては負担となっておりました。また手術に対する恐怖心も拭えません。

 

ミラクルデンチャーと出会うまでは、入れ歯に対しては色んな面で否定的でおりました。

しかし日本が高齢化社会に突入し、また徳島はその10年先を走る超高齢化社会となってきています。

そうなると患者様の多くが色んな病気を抱えています。

例えば、高血圧の薬を飲んでいる方の場合は、抗凝固剤を飲まれていて外科手術はなるべく避けなくてはいけない場合や、出来ないときもあります。

そして、徳島県は糖尿病での死亡率が日本でNo.1です。14年間その地位を不動のものにしています。

私共の診療所にも多くの糖尿病患者の方が通院されています。いくら患者様の血糖値がコントロールされているとはいえ、感染のリスクは非常に高いものです。

 

経済的なことと、上記の様な事情で、従来の入れ歯とインプラントの中間に属するような治療法が必要となってきました。

 

何かいいものがないかなとここ5年間色々と探してまいりましたが、

2011年の初め頃『ミラクルデンチャー』という素晴らしい入れ歯があるといううわさを聞き、さっそく研修を受けました。

従来の入れ歯ですと、ものを噛むことが、すなわちその歯の抜歯に繋がるのがわかっていましたので、なるべく入れ歯での治療は避けていました。

 

しかし私自身は、入れ歯は臓器の一部であるべきだと思っております。

足を失くした方が義足を入れ、日常生活がなんら不便なく暮らせるレベルになるように、入れ歯も使うことによって、違和感がなく、咀嚼・発音・味覚などの機能がされるべきものだと思っております。

それを実現できる入れ歯がミラクルデンチャーです。

インプラントとの違いは取り外しが出来るか出来ないかの違いぐらいかで、いわばかなりインプラント寄りの入れ歯が出来ます。金額的にもかなり楽だと思います。

(→入れ歯の金額が気になる方はこちら)

もちろんミラクルデンチャーでも無理なケースはありますがそれは特殊な例です。

 

これからこのホームページでミラクルデンチャーの情報をどんどん提供していきますので、よろしくお願い申し上げます。

 

医療法人カマタ歯科クリニック 院長 鎌田賢介

▲このページのトップに戻る
   

花柄アイコンお電話でのご予約はこちら電話受付

フリーダイヤル 携帯・PHSもOK0120-928-658

受付時間9:00〜18:00(お昼休み13:00〜14:30)

※木・日・祝日を除く

⇒初診オンライン予約はこちらから

⇒無料メール相談はこちらから